最近よく聞くサ高住について紹介

サ高住で働くなら

サ高住で働くことに興味がある方へ知っておくと得することを紹介しています。サ高住の今後の動向や働いている人が感じるやりがい、この仕事に向いている人について紹介しているほか、実際に転職活動をする際に知っておきたい求人の探し方や、メリットが豊富にある転職エージェントについても合わせて紹介しています。

「サ高住」について紹介

「サ高住」について紹介のトピックス
  • 施設の特徴

    施設の特徴

    サ高住を正式に言うと「サービス付き高齢者向け住宅」で、要介護度が低かったり介護認定を受けていない高齢者でも入居することのできるバリアフリー型の賃貸住宅になります。60歳未満の要介護者や60歳以上の高齢者を対象としており、高齢者の居住の安定的な確保を目的としています。バリアフリー構造のため、あらかじめ都道府県によって定められた基準を満たしている必要があります。一般型のサ高住以外にも介護型や厚生労働省が指定する特定施設として運営されているサ高住もあります。

    詳細へ
  • サービス内容は?

    サービス内容は?

    サ高住にはどの施設でも必ず提供しているサービスと、必要に応じて提供しているサービスがあります。必ず提供しているサービスとしては、利用者の安否確認・見守りサービスです。また、生活相談員による相談受付も行っています。そして必要に応じて提供しているサービスとしては、緊急対応や生活支援サービス、介護サービス、医療サービスなどがあります。特定施設として運営されているサ高住は、通常よりも高いレベルの介護サービスを提供しています。

    詳細へ
  • 仕事内容と必要な資格

    仕事内容と必要な資格

    サ高住で生活指導員として働く場合は、利用者の安否確認や相談受付が主な業務となります。また、介護サービスを外部に委託しているサ高住であれば、直接身体に触れる介護業務ではなく身の回りのお世話をする生活援助が多いでしょう。逆に、要介護度の高い利用者を受け入れ、レベルの高い介護や医療を提供しているサ高住もあります。資格については、旧ヘルパー2級に相当する介護職員初任者研修を条件としているところが多いものの、未経験無資格OKな求人もあります。

    詳細へ
おすすめ情報 サービス内容は? サービス内容は?
「サ高住」で働くなら

当サイトでは近年注目される「サ高住」について幅広く情報を発信しています。サ高住で働くことに興味のある方はぜひ参考にしてください。お問い合わせにつきましてはコチラよりお願いいたします。